としじゅん

 
 

部屋は…

  1. 19:04:31
こんな感じでした。

1泊だけだしあまり気にも留めてませんでしたが、
妙に広くて落ち着かなかった記憶が…。




Canon EOS10D EF17-40mmF4L USM
絞り優先AE(F0.0 0s) 補正なし ISO100 AWB sRGB
Adobe Photoshop7.0

 
 
 
 

階段にも

  1. 00:18:20
うろうろと歩いてみると螺旋状になった階段が。
その入り口のタイルにもやはり月が描かれていました。




Canon EOS10D EF17-40mmF4L USM
絞り優先AE(F4.0 25s) 補正なし ISO100 AWB sRGB
Adobe Photoshop7.0

 
 
 
 

太陽でなく

  1. 22:57:39
マヤ文明では太陽を中心とした天文学が栄えましたが、
プラヤデルカルメンでのホテルには月をモチーフにしたレリーフがありました。




Canon EOS10D EF50mmF1.4 USM
絞り優先AE(F1.4 1/13s) 補正なし ISO100 AWB sRGB
Adobe Photoshop7.0

 
 
 
 

初メヒコ

  1. 11:25:03
なれない環境もあってびっくりするほどバタバタの毎日で
まったく更新できてなかったのですが
おりを見て更新していければと思ってます。

さてさて、今回は04年の3月に訪問したメキシコの小さな島コスメル編です。
当時コスメルへ行くには成田からコンチネンタル航空でヒューストンを経由し
カンクンの近くのキンタナルー国際空港に行くルートしかなかったようです。

もしくは旅行会社に手を抜かれたのかもしれません…。
とにかく数年後関空からデルタ航空をつかっていくルートがあることも知りました。

大阪から成田まで行くのがまず大変なこともこのとき初めて知りました。
羽田にはバンバン便が飛んでいるのですが成田へは数本。
当然時間も融通が利かず成田でずいぶん待ちぼうけをくらいました。
そのかわり、デューク更家を見ることもできましたが(笑)。

とにかく成田からヒューストンへは11時間、さらに乗り継いで片手時間ほどで
初めてのメキシコの大地に立つことができました。

がついたらもう周りは暗くなりつつある時間に。
本来その日のうちにフェリーでコスメルに渡ることが多いのですが、
セノーテに潜りたかったのでここで1泊することに。

そこで泊まったホテルの中庭で撮ってみました。




Canon EOS10D EF17-40mmF4L USM 三脚使用
マニュアル(F4.5 20s) 補正なし ISO100 AWB sRGB
Adobe Photoshop7.0

 
 
 
 

SCK-E1

  1. 13:59:07
他社ではどうだかわかりませんC社現行機種では唯一の
EOS CIS非搭載機種の我がEOS5D。

年末年始のヴァドゥでもでかいゴミに悩まされつつも
指をくわえるしかなかった反省を踏まえて…



先日センサークリーニングに行ってきた際に購入しました。




夏の旅行までにちょっと練習は必要かもしれませんが
不器用なボクは基本的にはサービスセンターで清掃してもらいますが…

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved